saunterer

Railtrip Landscape History

寒川の一之宮緑道、相模線の廃線跡を歩く



PB000968

PB000969

PB000970

PB000971



寒川神社をお参りした日。

神社の参道を通ったあと、さらに南へ、
一之宮緑道という遊歩道を歩きました。

寒川町の小中学校の校章がデザインされた道。
そのさきには線路が敷かれ、レール上には一組の車輪。

ここは、一之宮公園。

寒川神社の参道とJR相模線とが交差する、
大門踏切から300メートルほどのところにあります。



PB000972

PB000973

PB000974



一之宮緑道には、1923年から1984年まで、
相模線の支線である西寒川支線が走っていたそうです。

西寒川支線は、寒川駅と、西寒川駅を結んでいて、
廃線となったあと、その跡地は、緑道に整備されました。

一之宮公園にある車輪や線路は、その思い出、
町の記憶として残されているみたい。



PB000976

PB000975



一之宮公園を出て、さらに南へ、
県道44号を横断して、200メートル進んだところ。

1984年の廃線時に西寒川支線の終着駅だった、
西寒川駅の跡地まで来ました。

現在は、八角広場という、小さな公園になっています。
一之宮緑道は、ここでお終い。



PB000977

PB000978



八角広場には、旧国鉄・西寒川駅と、
相模海軍工廠の跡であることを示す石碑があります。

相模海軍工廠は、第2次大戦中の日本海軍の軍需工場で、
現在は工場地帯となっている、八角広場の南側一帯が、その跡地のようです。

乗ったことも、見たこともない路線、
その廃線跡を歩いて、ちょっとだけ町の歴史に触れる。
そういう散歩でした。




(地図のマークは、八角広場)


1922年 相模鉄道の西寒川支線(寒川-四之宮)が、砂利の貨物線として開業
1923年 西寒川駅(当時は東河原駅)が開業
1931年 相模鉄道、寒川から橋本まで延伸
1940年 西寒川支線の旅客営業開始
1943年 相模鉄道と神中鉄道が合併(現在の相鉄)
1943年 相模海軍工廠が発足
1944年 相模鉄道の相模線が国有化(現在のJR相模線)
1964年 相模川での砂利採取が禁止になる
1970年 西寒川支線の貨物の取り扱い廃止
1984年 西寒川支線が廃止、西寒川駅が廃止
1985年 一之宮緑道が整備される

「西寒川駅」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年5月8日 (日) 14:36
URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/西寒川駅


「相模線」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年12月5日 (月) 17:05
URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/相模線





関連記事
スポンサーサイト

 鉄道

Comment

Add your comment

Latest