saunterer

Railtrip Landscape History

相模湾を抱えるように



PB000961

PB000959

PB000960

PB000962

PB000963

PB000964



片瀬から、腰越、七里ヶ浜、稲村ヶ崎まで、
江ノ電の線路に沿って歩きました。

江の島の向こうに見える箱根の山々と、
そのさきに伸びるのは、伊豆半島。

それと対をなすように、視界の左手には、
三浦半島の町々が、陸の先端まで続いている。

海を両手で抱え込むようにして、二つの半島が存在し、
相模の海が 「 湾 」 であることが、鎌倉からはよく分かります。

水平線に浮かぶ伊豆大島を合わせると、
まるで内海、ひとつの大きな湖のようにも見えちゃうね。



PB000965

PB000966



黒い砂と、むき出しの岩肌。
稲村ヶ崎は、無骨な姿がかっこいい。

鎌倉時代、新田義貞はこの浅瀬を駆け抜けたそうです。
大河ドラマ・太平記のワンシーンを、いつまでも。

2017年もよろしくお願いします。
plumriver



PB000967



★この散歩で食べたお菓子★
豆大福  上州屋・片瀬 龍口寺まえ
ホッとぷりん (ちょいビターカラメル味)  かわいい娘たち・長谷駅の南





関連記事
スポンサーサイト

  江ノ電

Comment

Add your comment

Latest