Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

夏の森戸海岸を歩くこと

PB000557


PB000558


PB000559


PB000560


PB000561


PB000562


PB000564


PB000563



逗子海岸から、鐙摺を抜けて、森戸海岸へやって来ました。
浜から突きでた岬、その先端には、森戸神社が祀られています。

おそらく、森戸海岸の美しい風景を大切に感じた大昔の人々によって、
この地に祀られた神様なんだと思う。

その土地がもともと持っている本来的な特徴、
そこに住む人々や自然が、長いあいだかけて作ってきたもの、
いまは失われているが、かつてそこにあった時代の足跡。

いろいろな町を歩き、そうしたものを見つけて、
自分なりに尊重しながら、楽しむのが好き。

いまは、風景も、お店も、家も、どこの町をも東京っぽくしちゃう時代で、
神奈川なんてとくに、鎌倉さえも、東京っぽい。

散歩のときは、手帳と、ペンと、カメラだけ。
それで十分、余計なモノは持ちこまない。



関連記事
スポンサーサイト

  ドリンク

Comment

Add your comment

Latest