Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

葉山町、鐙摺

PB000555


逗子海岸から、渚橋をわたって、南へ。
切通しの道をすぎると、逗子市から、三浦郡 葉山町に入ります。

三浦郡は、古い時代から続く、三浦半島の行政区分の名称。
現在、この葉山町だけが、三浦郡として存在しています。


PB000556


葉山町に入るとすぐ、鐙摺(あぶずり)の小さな浜があります。
何艘かのボートがまとめて置かれていた。

海の向こうの岬は、逗子の大崎公園。
さらに向こうには、鎌倉の稲村ヶ崎。


PB000548


浜のわきには、おしゃれな洋菓子店とレストランがあって、
葉山で過ごす女性たちがそこを訪れていた。

下の写真に見える、ポツンとした山は、中世の歴史ポイントで、
お城があったとも、武士の館があったとも。

この付近には、鎌倉から、逗子を抜けて、三浦へ向かうための、
古い街道が通っていたようです。


PB000549

PB000550


葉山マリーナをすぎて、須賀神社をお参り。
堀内のまちを縦に貫ける、県道207号(森戸海岸線)を、さらに南へ歩いていく。

昔ながらのせまい道なので、京浜急行バスの大きな車体が来ると、
対向車と互いに譲りあいながら、ゆっくりと行きかう。

葉山の海岸線の近いところにあるので、
どこの路地に入っても、すぐに海に出ることができました。

それぞれの家の庭さきに、海がある町です。


PB000551

PB000552

PB000553

PB000554



関連記事
スポンサーサイト

 

Comment

Add your comment

Latest