Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

七里ヶ浜、夏の夕どき

PB000515

PB000516

PB000517

PB000518

PB000519

PB000520

PB000521

PB000522

PB000523

PB000524

PB000525


七里ヶ浜から、腰越まで歩きました。

七里ヶ浜も、鎌倉高校前も、江ノ電の駅のまわりでは、
海を見にきたたくさんの人々とすれ違った。

駅からすこし歩いたところでは、地元の小学生や、サーファー、
犬と散歩をする人や、おつかい帰りの人と、すれ違った。

台風が近づいていたせいなのか、満潮の時間だったのか、
足元まで波があふれて来る。

いつも小さな七里ヶ浜の砂浜が、
ひときわ海に覆われた。






関連記事
スポンサーサイト

  江ノ電

Comment

Add your comment

Latest