Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

小田原、城山から海辺まで


PB000405

PB000406

PB000407


小田原城の遺構、小峯の東堀を抜けると、
目の前に現れた、海と山。

早川の河口の風景、小田原の魚市場がある辺りです。
遠くに真鶴半島が、水平線には伊豆大島も見えました。

そして正面には、果樹園が広がる、小さな丘。

秀吉が、一夜で築いたように見せかけたという、石垣山城があったのは、
どうやら、あの丘の頂上のあたり。


PB000408

PB000409

PB000410

PB000411

PB000412

PB000413

PB000414

PB000415

PB000416


城山を下り、旧道を抜けて、小田原の海へ。
小田原の海辺は、ジャリジャリっとしています。

波が引いていくとき、石の隙間を水が流れていく、それはまるで川の音。
波が寄せるときは海の音、引いていくときは川の音。

そして、小田原の西には箱根の山。
山すそが、海へとゆっくり降りていく姿は、いつも美しいです。

帰りは、小田急のスーパーエクスプレス、ロマンスカーLSEに初めて乗車。
レトロデザインのLSE、ロマンスカーと言えば、やっぱりこの色。

小田原駅の地下街で販売されている、
小田原の片浦の特産・レモンサイダーを飲み、出発時間を待つ。

すっきりさっぱり、それに、土地のレモンの味が、口のなかで心地よい。
片浦地区は、小田原から2駅目の、根府川のあたりを指すみたい。

今度は、片浦を歩きにいこう。
(ちなみに、カルディでは、片浦レモンゼリーが売られているよ。)


PB000417

PB000418




関連記事
スポンサーサイト

  ドリンク

Comment

Add your comment

Latest