Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

横浜・山下公園


横浜都市発展記念館で開催されている企画展、
「 山下公園 」 を見てきました。


PB000273


山下公園がオープンしたのは、1930年。

1923年に起きた関東大震災からの復興の一環として、
横浜港の海岸通りの沿岸部を埋立てることで、誕生しました。

企画展では、誕生から現在に至るまでの、
山下公園の歴史と、まわりの街や港の変化を知ることができ、

そして、それぞれの時代に、
山下公園を訪ねる人々の姿を、見ることができます。





戦後の、およそ15年間、山下公園は、
アメリカ軍に接収されていたのですね。

その当時の写真が展示されていて、
公園に米軍ハウスが建てられている様子を見ることができました。

山下公園の接収が全面的に解除されたのは、1959年6月29日。

接収解除を記念して、山下公園のまえで花火大会が開催された。
7月20日、横浜みなと花火。


PB000295


企画展を見学したあと、山下公園へ向かいました。

公園の南西角のゲートを入ると、レストハウスの前には、
ドーム屋根をもつ、印象的なモニュメントがあります。


PB000296


これは、インド水塔。

1923年の関東大震災のとき、横浜に住んでいて被災したインド人に対し、
横浜の市民が、彼らを救済するために力を注いだんだそうです。

山下公園オープン後の、1939年、横浜市民への感謝と同胞の慰霊のために、
在日インド人協会がこのインド水塔を建立した。

「インド水塔」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2015年12月13日 (日) 04:35
URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/インド水塔



PB000298


戦後の接収中に破損してしまったそうで、
現在のインド水塔は、建築当初のものに、出来るだけ近づけて復元されたもの。

でも、企画展で展示されていた、1940年撮影のインド水塔の写真と見比べる限り、
現在の姿はそれとほとんど変わりがないように見える。


PB000297

PB000299


公園の真ん中あたりまで歩いてきました。

円形噴水があり、その脇にあるのは、パーゴラ (緑廊)。
噴水も、パーゴラも、どうやら山下公園のオープン当初からある設備のようです。


PB000300


噴水のとなり、ホテルニューグランドの正面に位置する、
こちらの庭園。

「沈床花壇」というのですが、
これは、公園のオープン当初には存在しなかったものです。


PB000301

PB000303


1955年ころ、マリンタワーの建設に際して、
この沈床花壇が設けられました。

山下公園オープンの1930年から、花壇ができる1955年ころまでの間、
この場所は、船溜まり (ボートベイシン) だったんだそうです。

この沈床花壇だけ、公園のほかの敷地よりも地面が低いのは、
もともと船溜まりだったからなんですね。


PB000302


そして、公園の臨海歩道がここだけ、ブリッジになっている。
船溜まりへの海水取入れ口の名残りです。

このブリッジになっているところから、
港内と船溜まりとを、ボートが出入りしていたようですよ。


PB000305


かつては船溜まりであり、いまは沈床花壇となっているこの場所は、
そもそもは、フランス波止場 (東波止場) といわれる船荷場がありました。

1859年に横浜港が開港したとき、最初の港として築かれたのが、
現在の象の鼻パークのところ (下の地図のマーク) で、

イギリス波止場 (西波止場) といわれたそうです。
フランス波止場が完成したのは、それから5年後の、1864年のこと。





波止場のネーミングの由来は何なのでしょうね。

おそらく、イギリスと、フランス、それぞれの国の商人が、
その波止場をよく利用していたから、なんじゃないかな。

開国・開港の交渉では、アメリカが中心的存在だった (学校ではそう教わる) のに、
いざ貿易が始まると、波止場の名前にはならなかったんですね。


PB000307


1859 横浜港が開港、イギリス波止場を築港
1861 - 1865 アメリカ南北戦争
1861 外国人墓地を設立
1862 生麦事件
1863 イギリス軍・フランス軍が横浜に駐屯開始 (-1875)
1864 フランス波止場が完成
1867 イギリス波止場に「象の鼻」が築造される
1867 山手が居留地に設定される
1867 大政奉還

1923 関東大震災
1928 キングの塔(県庁)が完成
1929 世界大恐慌
1930 山下公園が開園、船溜まりが建設される
1930 氷川丸が竣工
1931 - 1932 満州事変
1934 クイーンの塔(税関)が完成
1935 復興記念横浜大博覧会の開催
1939 インド水塔の建立

1945 山下公園をアメリカ軍が接収
1955ころ 山下公園の船溜まりが、沈床花壇となる
1959 山下公園の接収解除
1961 マリンタワー開館
1961 氷川丸が山下公園に係留される


PB000306



関連記事
スポンサーサイト

 公園 横浜港の歴史 展示会

Comment

Add your comment

Latest