FOR A WALK

in the landscape

諏訪湖をのぞむ公園で


PB002335



中央本線の特急スーパーあずさに乗って、
長野県の諏訪市へ。

私は中央本線には都内でしか乗ったことがなかったので、
山梨や長野での車窓を楽しみにしていたのですが、

この日は梅雨寒の曇り空で、富士山や南アルプス、
八ヶ岳といった山々を望むことはできませんでした。

ただ、丁寧に手入れがされた小さな谷の水田や、
白雲が緩やかに山あいを流れていく風景は、

旅の郷愁を深めてくれた。



PB002345



諏訪湖を中心に、くるりと山に囲まれた、
湖畔の町、いや、湖畔の都市。

諏訪大社と御柱祭のイメージだけをもってここへ来たけど、
諏訪は、東京の郊外並みに大きな、現代シティでした。

上諏訪で特急を降り、普通列車に乗り換えて、下諏訪へ。
諏訪大社下社秋宮春宮をお参りしました。

諏訪まで行くと青空が広がり、心も晴れる休日に、
どちらの神社でも、お宮参りの姿を多く見かけた。



PB002340

PB002336

PB002338

PB002341

PB002344

PB002339

PB002342

PB002346



その後、上諏訪へもどり、諏訪湖をのぞむ公園へ。
公園の多くの人々は、徘徊するスマホゲームの群衆。

ローカルサイドに出かけたつもりが、
目の当たりにしたのは、グローバル化された日常だった。

グローバリズムとか、ローカリズムというのは、
ある国やある街やある場所で現れるものなのではなく、

むしろ私たちの内面で起きるものなのかもしれない。
それはセンスで、養分で、電光で、南風だ...。



PB002347




関連記事
スポンサーサイト

 鉄道

Comment

Add your comment

Latest