saunterer

Railtrip Landscape History

長講堂、市比賣神社、六条河原


PB000207

PB000208

PB000209

PB000210


五条駅から、六条通を歩き、
長講堂、市比賣神社をまわった。

中学生のころ、修学旅行で訪ねた、
なつかしの京都タワーと東本願寺を横目に、六条通へ。

後白河法皇が建立した持仏堂をルーツとする、長講堂。
非公開なので、境内に沿って外周の道を歩いた。

そして、すぐお隣の市比賣神社へ。

ひとり旅男子も、ここをお参り。
幸せになってほしい。





PB000211

PB000212

PB000213


そして、高瀬川を渡った。
秀吉の命により、豪商が造った、物資輸送の水路です。

1920年(大正9年)まで、生活品を運ぶのに利用されていたそうです。
(説明板より)

どこの町でも、水路の近くにいると、癒されます。
私にとって、水路はオアシス、旅のセーブポイントなのです。


PB000214

PB000215

PB000216

PB000217


正面橋から、鴨川をわたった。
眺めの背景になっている、東山のみどりの連なりが、とても美しかった。

上流に見える五条大橋と、この正面橋とのあいだは、六条河原。
平治の乱 (1160年) で、源義朝らの軍勢と、平清盛の軍勢とが、決戦をした場所。

別の時代には、石田三成がここで斬首されている。


PB000219

PB000218



関連記事
スポンサーサイト

 後白河 源義朝 平清盛 水路

Comment

Add your comment

Latest