FOR A WALK

in the landscape

剱崎と灯台


PB002141

PB002150



三浦海岸から、京浜急行バスに乗り、
剱崎(つるぎさき)に来ました。

三浦半島の南東の角にある岬で、その突端には、
まっ白の灯台が、レーダー塔とともにぽつんと立っています。

この剱崎灯台があるところまでが東京湾内で、
灯台よりも外海は、太平洋になるそうです。

大根の葉が、整然とならぶ畑の間道で、
トンビの群れが大きく飛びまわり、嘴のさきでこちらを窺う。



PB002143

PB002144



こんな日に、ここまで来るのは、
きっと私くらいだろうと思っていたのに、

私より大きなカメラをもった男性が、
おなじ道を、おなじ方へと歩いていった。

多くの言葉を交わすことはなかったが、
おなじステップをのぼり、互いの存在を認め合った。



PB002145

PB002146

PB002148



幕末に建てられた、近代の灯台。
その鼻先の浦賀水道を、大型船がさかんに行きかう。

目映いばかりの灯台の光は、私たちの生活を明るく照らし、
それと同時に、私たちの背後に、暗黒の影をつくる。

光にあたる自分の体の、足元からのびる自分の影。
ライトサイドとダークサイドは表裏一体で不可分なのだろう。



PB002147

PB002149



(剣崎灯台へのアクセス)
三浦海岸駅から京浜急行バス
海35系統 三崎東岡ゆき or 海34系統 剱崎ゆき
剱崎バス停で下車、徒歩15分







関連記事
スポンサーサイト

  眺望 近代遺産

Comment

Add your comment

Latest