Ce n'est rien.

poesy from hasard objectif

真鶴、番場浦の初日の出


PB002059

PB002060

PB002061

PB002062

PB002063



真鶴半島の岬のとなりにある、番場浦。

初日の出の太陽を、三つ石のあいだに望める場所として有名ですが、
それを撮影するには、知識と、経験と、行動力が必要みたい。

「階段が多くて疲れたけど、良い新年を迎えられましたわ。」

友達にそう話す女の子の言葉は、ここに集まったすべての人が、
ともに分かち合ったおなじ想いだったはず。

真鶴駅から、真鶴岬までは、およそ3.5キロの距離があります。
往復で7キロと遠いので、車を利用する人が多いようだったけど、

私としては歩いていくことをオススメします。
自分の足で歩くだけのことでも、あとで心に残るものが変わると思う。



PB002064








関連記事
スポンサーサイト

  眺望 東海道線

Comment

Add your comment

Latest