FOR A WALK

in the landscape

暁の真鶴


PB002054



一月一日 未明、暗がりの街を走る小田急線。
その車内にて、右の窓に見える、象牙の月輪。

年明けて部屋を出たときから、私の前に月は浮かんでいた。
月との対面、月とのつれあい。

ロマンスカーは静まりの車内、過ぎゆく駅のホームには、
非日常にいる人々と、日常生活をする彼ら。

新年あけましておめでとうございます。



PB002055

PB002056

PB002057



小田原から、東海道線の始発で、真鶴へ。
静まりの町の、静まりの峠道、この星の輪郭がぼんやり光る。

そうして私は、岬をめざす。
集いし人みな、岬をめざす。



PB002058





関連記事
スポンサーサイト

  小田急 眺望

Comment

Add your comment

Latest