TAKE YOU FOR A WALK

When The Setting Sun

佐賀の柳町、長崎街道


PB001927

PB001917



佐賀県庁の北東、佐嘉神社の東にある、
柳町にやって来ました。

長崎街道にあたるこの道筋には、明治・大正期の建築物がならび、
それらは歴史的文化財として公開されていたり、伝統工芸の工房や、
ショップ、カフェとしても利用されています。

佐賀の町歩きで、もっとも注目を集めるエリアなんじゃないかな。
一軒また一軒と、巡っていく楽しみがあります。

(佐賀市歴史民俗館)
http://sagarekimin.jimdo.com/



PB001924

PB001918



私はまず、江戸時代には煙草を、
昭和初期まで呉服店を営んでいたという、旧森永家へ。

旧森永家には、江戸時代・元禄のころに佐賀で始められた、
鍋島緞通(だんつう)の工房「織ものがたり」があり、

綿絨毯の製作実演や、展示品を見ることができましたよ。
ひとりで訪問した私にも、丁寧に案内・説明をしてくださいました。

美しく鮮やかで、柔らかな綿絨毯の配色に、オリエンタルなムードを感じる。
かつては佐賀藩主や、徳川将軍家にも献上されていたそうです。

オフィシャルサイトによると、綿の栽培と、
佐賀の干拓事業とは関連したところがあるようで、それも興味深く思う。

(鍋島緞通 織ものがたり)
http://orimonogatari.com/

すっかり鍋島緞通に魅せられた私は、おなじ旧森永家の敷地にある、
工芸品のお店・さがしもので、絨毯の一部をあしらったブックマークを買いました。



PB001919

PB001920



その後、履物商の建築物だったという旧久富家へ。
その1階にある、ものづくりカフェ・こねくり家でお昼を食べました。

広々とした古建築のゆったりした空間、
佐賀に来てから、ようやく腰の落ちつく時間を過ごすことができた。

(ものづくりカフェ こねくり家)
http://conekuriya.com

とくに、こちらで飲んだ嬉野紅茶が美味しくて、
そのまま近くにある、和紅茶専門店の紅葉(くれは)さんを訪ね、
嬉野紅茶のティーバッグをお土産にしました。

すっきりとしたシンプルな香り、心を和ませる味わい、
佐賀のお茶って、こんなに美味しいんだね。

(和紅茶専門店 紅葉)
http://creha.net/



PB001921

PB001922



私が柳町にいたのは、2時間もなかったのかもしれない。
いま振り返ってみると、もっと楽しむことができたのに、と思う。

さまざまを教えてくれて、いろいろな体験ができる。
伝統を活かした町ながら、若い人たちが多く集まっていた。

一度きりでは味わうことのできない、何度も訪ねることで、
自分と町との関係が深まっていく、そういう貴重な場所なのかも。

また佐賀に行ったら、また柳町を歩こう。



PB001925








関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest