Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

憧憬、憂鬱


PB001825

PB001826



横浜の関内、ジャックの塔こと開港記念会館から、
国道133号を挟んだところにある、このレンガ遺跡。

明治時代に建築された日本人商社の、
開通合名会社の社屋の一部なんだそうです。

初期の社屋は、関東大震災(1923年)で大部分が倒壊したが、
一部分は、そのあとに復興された建築の内部にあって、
奇跡的に現在に残されてきた。





PB001827

PB001828

PB001829



私のなかにある、近代への憧憬。
機械文明が花開き、人の可能性が広がった。

私のなかにある、近代への憂鬱。
便利になればなるほど、人は忙しさに苦しまされる。

信じたものは失われ、求めたものは空っぽだった。
本当に必要なものは、それほど多くないのかもしれない。



PB001830

PB001831





関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest