Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

ヨコハマトリエンナーレ2017にて


PB001813

PB001814
2枚 アイ・ウェイウェイ 難民の救命ボートと救命胴衣
PB001815
イアン・チェン 使者は完全なる領域で分岐する
PB001816

PB001817
2枚 柳幸典 蟻と日の丸
PB001818

PB001819
宇治野宗輝 プライウッド新地
PB001820
ドン・ユアン 祖母の家をモチーフとした絵画
PB001821
青山悟 刺繍と絵画
PB001823



ヨコハマトリエンナーレに行ってきました。

横浜美術館・横浜市開港記念会館・赤レンガ倉庫、3つの会場で、
現代の社会問題を取り上げたもの、未来の世界を創造させるもの、など、
さまざまな作品を見ることができました。

会場のボリュームとしては、横浜美術館と赤レンガ倉庫は作品が多くて、
それぞれ、半日~1日でまわる感覚になると思います。
会場ごとの入場が可能なので、それぞれの会場を別の日に訪ねることができます。

ありがたいのは、どの作品も撮影OK (動画、フラッシュ撮影はダメ)で、
個人利用に限りSNSでシェアできること。
こうしてどんどん、アートを自由に楽しめるようになると嬉しい。



PB001822



大政奉還から150年にあたる今年、
開港の地・横浜で開かれているアート展。

明治政府により近代化が推進され、戦争による挫折をはさみ、
ふたたび近代の高度発展を成し遂げた国。

その発展が頂点をとおり越してしまったいま、
もういちど近代を理想とするのか、それとも別の未来を創造していくのか。

「死ぬときになって、自分が生きていなかったことを発見するようなはめに、
おちいりたくなかった ... 」 ウォールデン ヘンリー・D・ソロー

人それぞれに感じ方があり、人それぞれに思うことがあるだろうけど、
私の頭の片隅には、そんな言葉がふと浮かんできたりした。



PB001824






関連記事
スポンサーサイト

 展示会

Comment

Add your comment

Latest