Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

舞鶴公園、天守台からの日没、大濠公園



PB001782

PB001783

PB001784

PB001785

PB001786

PB001787

PB001788

PB001789

PB001790



どんなに西に進んでも、太陽は西に沈んでいく。
どんなに西に進んでも、この国の町は続いている。

疲れ果てた太陽の、最後の輝き、最後の嘆き。
明日もまた、太陽はのぼらなければならない。



PB001791

PB001778






関連記事
スポンサーサイト

 公園 眺望

Comment

Add your comment

Latest