Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

筑紫の館、鴻臚館跡、舞鶴公園



PB001772



今よりはもう 秋になってしまったらしい。
山の松かげで ひぐらしがないている。

ここは、福岡は天神の西にある、舞鶴公園。
黒田官兵衛・長政の親子が築いた、福岡城の跡地にあたる公園です。

その公園内に置かれている石碑に刻まれた文字は、
万葉集におさめられた歌の一首で、

736年に、新羅へ派遣される大和朝廷の使節一行が、
この地で望郷の想いを詠んだもの。



PB001774



私は、福岡市地下鉄の赤坂駅で下車して、
舞鶴公園を散歩しました。

舞鶴公園の北東エリアは、みどりの爽快な広場になっている。
ここは、かつてのダイエー・ホークスの本拠地、平和台球場があった場所。

広場には、ひとつの建物があります。
鴻臚館跡展示館です。



PB001773



鴻臚館(こうろかん)は、飛鳥時代、奈良時代、平安時代にかけて、
大和朝廷が設置した古代の外交施設(迎賓館)です。

唐や新羅、渤海などの外国使節が来日すると、
まず鴻臚館で迎えて宿泊してもらい、

また、日本(倭国)側の使節(遣唐使や遣新羅使など)や、
留学生も、出国する前にはまず、鴻臚館に立ち寄った。

いわゆる外国との公式な玄関口であり、
いまでいう空港の出入国管理・税関みたいなものなのかな。



PB001776



鴻臚館は、福岡のほか、難波と平安京にもあったそうですが、
その遺構が発見されているのは、舞鶴公園だけなんですって。

鴻臚館の位置は、明治時代から舞鶴公園であろうと推定されており、
1987年の平和台球場の改修のときに、ついに遺構が発見されました。

1993年、ホークスが福岡ドームに移転し、平和台球場を解体したあと、
1999年から、鴻臚館跡の本格調査が開始され、いまなお続けられている。



PB001779

PB001775



鴻臚館という名称は平安時代のころのもので、
飛鳥・奈良時代には、筑紫館(つくしのむろつみ)と呼ばれていたようです。

飛鳥時代の最大の対外事件、663年に朝鮮半島で起きた白村江の戦いは、
倭国が、百済を救済するために、唐・新羅の連合軍と対した戦争。

この白村江の戦いでの敗北により、倭国では、国の体制や防衛についての危機感が高まって、
中大兄皇子(天智天皇)を中心に、律令国家への変革が行われます。

日本、
という国号が定まったのも、この頃とされています。



PB001780



九州では、内陸の大宰府に行政が移転し、周囲を羅城で要塞化、
筑紫館は、大宰府の機関のひとつとして組み込まれます。

鴻臚館から、大宰府までは、直線距離でおよそ15キロ。
当時は官道が伸びていたそうですが、いまは西鉄や鹿児島本線が走っています。

鴻臚館は、894年の遣唐使の廃止までは、おもに外交の場として機能し、
その後は、官営貿易の拠点としての性格を強めるようになる。

平安中期になると、寺社や貴族による私貿易が博多津で盛んになったため、
鴻臚館は衰退をはじめ、1091年が文献上の最後の登場となっている。



PB001777



536年 那津官家が那津(博多港)のほとり設置される
618年 唐が建国
630年 第一回遣唐使
660年 百済が滅ぶ
663年 白村江の戦い
664年 大宰府に行政が移る、水城を築城、防人を配備
668年 高句麗が滅ぶ
676年 新羅が朝鮮半島を統一

688年 筑紫館の名称が史料上に初登場
837年 鴻臚館の名称が史料上に初登場
894年 遣唐使の廃止
907年 唐が滅亡
936年 新羅が滅亡

1047年 鴻臚館が放火される
1091年 鴻臚館の史料上の最後
1601年 黒田家が福岡城を築城
1949年 平和台野球場を建設
1995年 鴻臚館跡展示館がオープン

「鴻臚館」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年9月16日 (土) 02:01
URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/鴻臚館


「白村江の戦い」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年9月13日 (水) 14:30
URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/白村江の戦い




PB001781







関連記事
スポンサーサイト

 古代ロマン 公園 万葉集 天智天皇

Comment

Add your comment

Latest