saunterer

Railtrip Landscape History

変わらぬ文庫、変わる八景


PB001588

PB001589

PB001590



金沢文庫駅から、いつもの道を歩いて、
いつもの称名寺庭園へ。

生きるものすべてが蒸し上がりそうなこの日、
池の亀だけが、我が庭をのどかに泳ぎまわっていた。

その後、シーサイドラインの延伸と駅舎の工事が進む、
八景の駅前へ。



PB001591

PB001592

PB001593



いつの間にか、八景駅前のシンボルこと、
木村家住宅主屋(旧円通寺客殿)が姿を消していた。

八景駅の西口、新たな公園の整備をするため、
住宅は、解体・修復されているようです。

特別気に掛けていたわけじゃないけれど、ここを通れば姿が見えた。
しばらくそうできないことが、すこし寂しい。





関連記事
スポンサーサイト

 ひと駅を歩く 京浜急行

Comment

Add your comment

Latest