saunterer

Railtrip Landscape History

奈良県庁の屋上広場


PB001570

PB001571

PB001572

PB001573

PB001577



二日目の奈良、春日大社をお参りしたあと、
高畑町、浮見堂と歩き、奈良県庁へ。

平城宮跡のボランティアガイドさんに薦めてもらった、
県庁の屋上広場(無料)にいきました。



PB001574

PB001575



西には、奈良の町が広がり、背景には生駒山が浮かんでいる。
昨日訪ねた平城宮跡の、朱雀門と大極殿も見えましたよ。

東には、東大寺・春日大社の境内のみどり、伽藍の屋根がぽこぽことあり、
そのまま、若草山、春日山につながっている。

東京なんかと違って、飛び抜けて高いビルがないので、
どの方角も見通しが良い、山を隠してしまうものがない。

東大寺二月堂は、西の方角が開けているのに対し、
県庁の展望台は、全方位を眺めることができます。

南を見れば、興福寺五重塔。
県庁と、だいたい同じくらいの高さなんですね。

橿原、飛鳥、吉野の郷は、さらに南、
霞の向こう。



PB001576

PB001578



そして再び、猿沢池へ。
昨夜のしんみりとした印象とは違う、お昼の明るい池の姿。

一度や二度では分からない、奈良の風景は、
その時々で表情を変える、多彩なものがあるのだろう。



PB001579





関連記事
スポンサーサイト

 眺望

Comment

Add your comment

Latest