saunterer

Railtrip Landscape History

小田原市 石橋

PB001214

PB001215

PB001216

PB001217

PB001218

PB001220



早川駅から、紀伊神社をお参りして、国道135号を南へ。
インターチェンジを過ぎると、石橋という地区に入ります。

日本三大深湾のひとつである、相模湾。
海岸線のすぐ近くでも、300メートル、1000メートルの深さがあります。

海底の傾斜が急だということは、陸のほうの傾斜も急です。
海岸線のすぐそばまで、箱根の山裾が伸びている。

その山のなかに、ときおり小川の流れるところがあります。
小川は、長い年月をかけて、小さな谷をつくる。

このあたりでは、そうした谷のなかに町があり、
山の斜面は、おもに果樹園として利用されている。





PB001219

PB001221

PB001222

PB001223

PB001224

PB001226

PB001227

PB001228

PB001229

PB001230



石橋の谷を走る、新幹線と東海道線の陸橋。
ここは有名な鉄道の撮影スポットらしい。

電車に乗って通り過ぎるとき、
この谷を歩いたときのことを、きっと思い出す。

石橋のまちに線を引いた。
自分の足で歩いた、自分の足跡ライン。

私の感覚によると、車や自転車では、
私自身の線を引くことはできない。

歩かないと、自分のなかに刻まれない。
自分の足で描く線こそ、濃くて太くて美しい。



PB001231

PB001232





関連記事
スポンサーサイト

  ひと駅を歩く 東海道線

Comment

Add your comment

Latest