Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

尼寺交差点と、小田急・相鉄の交差点



PB001102



小田急と相鉄、2社のロゴマークが並ぶ唯一の駅、
最近よく来ている、海老名です。

今年になってから、神奈川県主催の大山街道スタンプラリーに挑戦してまして、
街道の各地の、チェックポイントにあるスタンプを押してまわってます。

その際の移動のタイミングで、海老名に寄ることがわりと多い。
あと、寒川神社に行ったときも寄ったし。

(神奈川県公式サイト・大山街道ウォーキングスタンプラリー)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f535567/


私としては、スタンプを集めるとともに、
大山街道の 「街道歩き」 もしてみようと思い、

そういう計画をしていつも出かけるんですけど、
散歩の途中から、あちこちで別のことに興味がいってしまう。

南町田 - つきみ野、かしわ台 - 海老名、
どちらも大山街道に近いところだけど、街道そのものを歩いたわけじゃなく、

スタンプだけ押して、勝手な場所を自由に歩きました。
まともに街道を歩いたのは長津田のあたりくらい。

でも、街道から外れていったほうが、大山街道は楽しいのかも。
ちょっと外して歩いていくのが楽しい。

なので今回も、
大山街道から完全に外れて散歩しました。



PB001103

PB001104



海老名駅から、相鉄貨物線の盛り土に沿って、
北東へ進んだところ、「 尼寺 」 の交差点があります。

交差点のすぐ隣には、JR相模線の線路があり、
踏切の奥には、ららぽーと海老名と、その巨大な駐車場。

小田急・相鉄・JR、3社の鉄道線が集まる場所にありながらも、
やっぱり車社会のエリアなんだなって、歩いてると思う。



PB001105



さらに東へ進むと、並木橋のすぐわきで、
小田急線と、相鉄貨物線が立体交差しています。

小田急小田原線は、相鉄本線(横浜 - 海老名)とは交差しないんだけど、
相鉄貨物線とは、ここでクロスしています。



PB001106

PB001107



上下の写真は、並木橋にある相鉄の踏切から見た、
相鉄貨物線のライン、きれいな単線です。

貨物線は、本線と分岐する相模国分信号所から、
JR相模線のすぐ横を並走し、JR海老名駅を過ぎて、
そのまま隣の厚木駅まで続いていく。

相鉄線の前身のひとつである、神中鉄道が開業したのは、1926年。
その開業のとき、終点駅は、海老名ではなく、厚木だったそうです。

相鉄の海老名駅が完成するのは、1941年のこと。

その際に、海老名駅に向かう線路を新たに分岐延伸し、
厚木駅まであった線路は旅客営業をやめ、貨物線になった。

つまり、1926年の開業から、海老名駅ができる1941年までの間、
この現在の貨物線のラインこそが、神中鉄道の本線だったことになります。



PB001108



1926年 神中鉄道・厚木駅 - 二俣川駅間が開業
1933年 神中鉄道・横浜駅まで開通

1941年 神中鉄道・海老名駅が開業
厚木までの線路は、旅客営業を廃止、現在の貨物線となる

1943年 相模鉄道神中鉄道を合併。
1943年 小田急線の海老名駅が開業

1944年 相模線の区間が国有化され、現在のJR相模線相鉄に分かれる。
1970年 貨物線での、貨物営業廃止
1987年 相模線の海老名駅が開業

「相鉄厚木線」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年12月24日 (土) 03:49
URL : http://ja.wikipedia.org/wiki/相鉄厚木線




PB001109




関連記事
スポンサーサイト

 鉄道

Comment

Add your comment

Latest