Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

かしわ台から、海老名まで



PB001088

PB001089

PB001090

PB001091

PB001092

PB001093

PB001094

PB001095

PB001096

PB001097

PB001101

PB001098

PB001099

PB001100



海老名市にある、相鉄線・かしわ台駅から、
となりの海老名駅まで、ひと駅を散歩しました。

かしわ台駅がある場所は、
いまは海老名市 柏ケ谷、もとは高座郡 柏ケ谷村。

相鉄線(の前身のひとつである相模鉄道)は、今年の12月で100周年を迎えますが、
かしわ台駅の開業は、1975年のことだそうです。

周辺には、長ヲサ遺跡の名がつく公園がたくさんあります。
先土器時代(2万2000年前 - 1万年前)から縄文時代の遺跡らしい。

かしわ台車両センターにある、古い車両を見てまわったあと、
柏ケ谷の底を流れる、目久尻川に沿って、西へ。

最後は、終点の海老名駅に向かう相鉄線とともに、
夕陽に照らされた大山をめざして歩いた。


★この日出会って好きになった本(BOOK CAFE BOWLにて)
絵本のはなし  菊池亜希子
旅と美術 発見・驚異・夢想  巖谷國士




関連記事
スポンサーサイト

 ひと駅を歩く 鉄道

Comment

Add your comment

Latest