Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

Archive: 2017年08月

入谷駅のまわり

 30, 2017

ここは、相模線の入谷駅です。相模原市かな、海老名市かな、と思って調べたら、座間市でした。相模線で唯一の座間市内の駅。単線で、本数が少なく、ドアはボタンを押して開ける。神奈川県内では珍しい、素朴なスタイルの相模線。その相模線にあって、ひときわ素朴な入谷駅のまわり。頭を垂らし始めたばかりの水田、その背景には、私が大好きな大山と丹沢の山々。駅前にあるべきあらゆる店舗・施設の姿がここでは見られない。現代的...

チェ・ゲバラ展はあきらめて

 29, 2017

あまりにも混んでいた、チェ・ゲバラの写真展はあきらめて、恵比寿から中目黒にかけての町を、すこし散歩。生産と消費、欲望の廃棄、私たちの時代のシンボルのひとつ、清掃工場の煙突、後ろめたさを眺めて歩いた。その後、大通り沿いにある、小さくて美しい八百屋さんで買った、野菜とフルーツのスムージー(旬ムージー)を飲み、たまたま出会った八幡宮をお参りした。...

Houses in the Fields

 22, 2017

二子玉川駅から、西へ歩いて十数分のところ、世田谷区 宇奈根の、住宅地にあるひまわり畑を訪ねました。そして、宇奈根から喜多見へとさらに散歩。町の路地をクネクネと歩くうちに、この土地のかつての風景を知る。住宅地のなかのひまわり畑、それは、畑のなかの住宅。いまなお野菜が育つ、対岸の町。...

himawari fields, rice fields, ZAMA 2017

 17, 2017

この日、このとき、座間は晴れてくれました。太陽の光がなつかしい、夏の暑さが恋しい。ここに咲くひまわりは、今年のこの夏だけのもので、夏が終わったら、とてつもなく大きな機械でバリバリいくんだとか。来年の夏は、来年の種が蒔かれる。それまでの季節は、また別の植物を育てるんだそうです。農家の方に、ぜひ冬にも写真を撮りにきてね、と言ってもらえた。よし、冬にもここに来てみようじゃないか。...

座間神社、左岸用水、相模線

 15, 2017

小田急線の相武台前駅から、兵士たちが門を守る、キャンプ座間のあいだの道を、東へ抜けて、相模川の河岸段丘の一角にある、座間神社をお参りしました。およそ1400年前、湧水により悪疫をおさめたという、飯岡権現をお祀りする。(説明板より)いまも座間市の水道の、85%は地下水でまかなわれているらしい。(座間市観光協会のパンフレットより)古代人の生活跡を、そこかしこに見ることができる座間丘陵、その崖線の端に立てば、...

藤沢本町から、腰越まで

 09, 2017

...