saunterer

Railtrip Landscape History

Archive: 2017年06月

東大寺二月堂

 27, 2017

平城宮跡を歩いたあと、ならまち近くにとったホテルに入り、シャワーを浴びてしばし休憩、そして再び、町に出ました。夕方6時前の奈良公園、すでに観光客は少なくなり、鹿たちがただ草を食み、ただ寝そべっていた。数十頭の鹿の群れのわきを、ただひとり私だけが歩く。小枝を踏んでパキっと鳴らせば、手前の小鹿の数頭がむくっと顔をあげ、私の存在を確認したあと、またすぐに草をハミハミ。鹿と暗黙の疎通を交わしたあと、東大寺...

さあ、平城宮跡へ行こう!

 24, 2017

梅雨の合間の炎天のもと、草の原のむこうを、近鉄の列車が、右へ左へ、さかんに通りすぎていく。奈良ゆき、京都ゆき、難波ゆき。子供のころ、鉄道図鑑で見たビスタカー、その本物が走ってる。私がいるこの場所は、奈良の大和西大寺駅から、東へ500メートルほど歩いたところ。地図上のマークを中心に、東西・南北およそ1キロ四方の、原っぱになっている土地があります。ここは、平城宮跡です。奈良の都そのもの(条坊)のことを、平...

ちゅちゅがなきや、奈良

 21, 2017

京都駅から、近鉄の特急列車・伊勢志摩ライナーに乗って、奈良の、大和西大寺駅へ。私たちが生きるこの時代から、遡ること、1300年。8世紀の、およそ70年間、日本の首都だった町。なんと立派な平城京、と覚えました。その悠久なる南都の宮城は、大和西大寺駅から東へ、500メートルのところに。中学生のときは、大仏さまだけ見て帰った奈良のまち、いまはもうすこしだけ長く過ごすことができる。おしなべて、ちゅちゅがなき、私の旅...

開成町あじさいまつり2017

 19, 2017

神奈川県の西部にある、開成町で開催されていた、開成町あじさいまつりに行ってきました。酒匂川の右岸にある開成町、豊富な水を蓄えた田んぼが、町のあちこちに。なかでもとくに広いこの水田が、あじさいまつりの会場。青々とした稲の苗が列をなす、その風景に、畦道のあじさいが色を添える。開成町はお米が特産品なのだと、地元の人に教えてもらった。その生産の場で、稲と水と、アジサイを見ながら、2時間、3時間と過ごす。その...

The ship goes slowly

 18, 2017

...

The wind blows in the valley of Poppy

 12, 2017

横須賀市の久里浜にある、くりはま花の国。ポピーのシーズン終盤の、 6月初旬に訪ねました。谷あいにあるポピーの畑。太陽が西の山に隠れる寸前の、陽の光が消えるか消えないか、そのわずかばかりの時間がとくに美しい。★このとき食べたパンぱんとたいむ キーマカレーパン...

そこに心地良し、足利ガーゼハンカチ

 10, 2017

足利学校から、すぐ隣の、ばんな寺へと歩く。足利学校とばんな寺のまわりは、石畳のみちのエリアになっていて、観光地的な商店が並ぶとともに、古風さがシブかっこいい蔵の姿があちこちに。束帯の足利尊氏像は、なんとなく場違いのような気が。古印最中を食べてから、ばんな寺をお参り。その後、足利まちなか遊学館へ。遊学館には、足利の伝統産業である、織物をつくる機械が展示されていました。八丁撚糸機と、組物機械です。足利...

足利学校と、足利のゆるい空気

 07, 2017

足利のまちにある、日本最古の学校こと、足利学校を訪ねてきました。足利学校は、儒学、易学、兵学、医学などを教えた、中世の教育機関。室町時代から戦国時代にその最盛期があったそうです。関東管領の上杉憲実や、小田原の北条氏政が、足利学校の再興をしたんだとか。「足利学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年12月18日 (日) 07:29URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/足利学校次世代の軍師を育てるために...

足利の樺崎八幡宮は、足利義兼の樺崎寺跡

 04, 2017

太平記館のレンタサイクルで借りた、3段ギアの自転車をこいで、足利のまちを、北へ、北へ。商店や、学校、住宅が密集するエリアを、またたく抜けると、足利のまちをとり囲む、背の低い山々の連なりが見えてくる。東と、西と、北に山がある足利は、小京都のひとつらしい。でも、ここは関東なんだぜ、しかもけっこうコテコテの。すでに水が入れられた田んぼ、カエルの低い鳴き声が、前から、後ろから。ペダルの上の私は、そのなかを...