Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

Archive: 2016年11月

集まりのとき

 30, 2016

東京都 世田谷区 豪徳寺...

稲毛荘と、枡形山の展望台

 27, 2016

前回の廣福寺から、坂道を南へ上って、生田緑地に入りました。生田緑地のエリア北部には、「枡形山」 という山があります。標高84メートルの小さな山です。生田緑地の正面ゲートから入ると、日本民家園や中央広場へと向かう道の、その右手にある高台が、枡形山になります。枡形山には、平安末期 - 鎌倉 - 室町のころ、枡形城という中世のお城がありました。1504年には、北条早雲と今川氏親が枡形城に入り、ここから立河原(立川)...

遊園の廣福寺、稲毛重成の館跡

 24, 2016

小田急線に乗って、向ヶ丘遊園駅に来ました。遊園(ゆーえん)って呼んでますよ、ジモティ的には。駅名の由来となった、向ヶ丘遊園というアットホームな遊園地は、2002年に閉園しちゃいました。現在のバラ苑や、藤子F不二雄ミュージアムの近くにあって、駅から遊園地まで、近未来的な姿のモノレールが走っていたんですよ。遊園地もモノレールも、もう存在しませんが、駅名だけはそのまま残っています。たぶん永遠にそのままだと思...

二階堂大路・二階堂川・義時の大倉亭

 17, 2016

覚園寺の拝観のあと、薬師堂ヶ谷の道を歩いて、鎌倉宮の前まで戻りました。そして、二階堂大路を南へ。六浦道の岐れ路交差点から、鎌倉宮へと通じる、京浜急行バスの経路になっている、大きめの車道。そのひとつ東側にある道が、二階堂大路です。吾妻鏡にも載っている鎌倉時代の道ですよ。下の地図のマークが、上の写真を撮影したポイントで、マークされている道が、二階堂大路です。大路、というわりには、小じんまりとしたカワイ...

鎌倉・薬師堂ヶ谷の、覚園寺

 14, 2016

鎌倉の路地裏、民家の塀に広がる、葉っぱの赤い彩り。今年は寒くなるのが早かったわりに、鎌倉の紅葉の季節は、まだもう少しさきのようです。この週末、赤い葉っぱを見かけたのは、この路地裏だけだったし、イチョウの木は、ほんのり黄色くなり始めたばかりでした。私は、鎌倉駅から、幕府の路地を抜けて、大蔵へ。六浦道に入り、岐かれ道を左へ曲がると、鎌倉宮に着きます。さらに、鎌倉宮から北西へ向かう道を歩きました。薬師堂...

丘であそぶ

 08, 2016

向ヶ丘遊園・生田緑地ばら苑...

ひかりの向こう

 05, 2016

向ヶ丘遊園・生田緑地ばら苑...

向ヶ丘遊園にある、生田緑地ばら苑

 03, 2016

私の地元、神奈川県 川崎市にある、生田緑地バラ苑。野球グランドひとつ分くらいの広さの、大きなバラ苑です。入場は無料で、春と秋、それぞれおよそ2週間ほど、バラの花が咲くころに開苑されます。生田緑地ばら苑公式サイトhttp://www.ikuta-rose.jp/色とりどりのバラの花、その香りに包まれた、小高い丘の上にある、みどりの空間。芝生の広場もあったりして、小さな子供たちがよく駆け回っています。親子・家族と来ても、恋人や...