Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

Archive: 2016年09月

short ride Enoden 305

 30, 2016

1960年から走る、江ノ電 305 - 355。鎌倉のおじいちゃん。車内に入ると、床は木製。よく晴れた昼下がり、古い民家の縁側で過ごすように、鎌倉駅から極楽寺まで。...

新羽の西方寺の三色ヒガンバナ

 27, 2016

横浜市営地下鉄ブルーラインに乗って、新羽へ。西方寺をお参りしました。1190年に創建された西方寺。もとは鎌倉にあったんだそうです。鎌倉の笹目(和田塚駅の北側のあたり)に創建され、その後、鎌倉中期に、極楽寺の東の山中に移りました。極楽寺境内絵図にも、西方寺は登場していますよ。ググると見られます、絵図の右下あたりです。新羽に移ってきたのは、明応4年(1495年)、室町時代のことのようです。古刹の雰囲気がぷんぷ...

衣笠城は、三浦氏の古城

 22, 2016

横須賀中央駅から、京浜急行バスに乗り、およそ20分、衣笠城址バス停に降りたちました。鎌倉幕府の御家人であり、三浦半島の豪族、相模国(現在の神奈川県)を代表する武士団である、三浦氏。その三浦一族が本城としていたのが衣笠城で、三浦半島のほぼ真ん中、横須賀市の内陸部に位置しています。横須賀しょうぶ園や、衣笠山公園に近いところです。衣笠城址は、京浜急行のバス停を降りると西に見える、小高い丘を上ったところです...

富水から、栢山まで

 19, 2016

9月の上旬、小田急線の富水駅から栢山駅まで歩きました。酒匂川の流れが作った、足柄平野の田んぼです。車窓に広がる水田の風景、神奈川県を走る鉄道に、あといくつ残っているんだろう。...

一夜城みかんアイス

 15, 2016

石垣山農道を上がって、石垣山一夜城歴史公園を散策。20万人にもおよぶという豊臣方の大軍勢、その大将の指揮所だったというには、あまりに小じんまりしている。石垣山は、小田原城からよく見えるところにあるので、後北条に向けて、なにかパフォーマンスをするには絶好の舞台って気がする。秀吉はおよそ100日余りを石垣山に布陣したそうです。でも、きっとほとんどの時間は、箱根温泉で過ごしていたんじゃないかな。歴史公園のと...

石垣山農道を上って、石垣山城址へ

 12, 2016

ここは、神奈川県 小田原市にある、JR東海道線の早川駅。小田原駅のひとつ隣の駅で、快速アクティーも停車します。アクティーなら、東京駅から約80分、横浜駅から約50分の距離にあります。この早川駅から、私は、石垣山の登山をしました。豊臣秀吉が、小田原の後北条氏を攻めるために築いた、石垣山城で有名な、あの石垣山です。標高261.1メートル、小さな山なのですよ、案外ね。yahoo mapを見てのとおり、早川駅のすぐ西側に、石...

早川駅から、小田原漁港、早川河口

 10, 2016

小田急線に乗って、小田原へ。東海道線に乗り換えて、ひとつ隣の、早川駅で下車。初めて早川駅で降りました、駅舎は真鶴駅に似てますね。小田原から熱海にかけてのエリアがもつ、独特の旅情感によくマッチしている。駅から東へ歩き、小田原漁港へ向かいました。すぐ近くにあります、1分もかからないところ。魚のぴちぴちした香りと、日を浴びた海水のにおい。漁港のにおいがぷんぷんしてきます。漁港の上を跨いでいる、4本のタワー...

中新田から、海老名駅まで

 08, 2016

前回の記事に続き、中新田かかしまつりです。現地でいちばん人気だったのは、「 かごめかごめ 」 をする子どもたちの作品でした。私的には、ダース・米ダー、も気になりました。ライトセーバーで稲刈りしてくれてたら最高だったかな。内村航平、イチロー、真田幸村、五郎丸もいましたよ。地元の武士、海老名季久のかかしも、いずれ登場させてほしい!いろいろなかかしを楽しんだあとの、昔ながらの 「 案山子 」 さんに心が和みま...

海老名の、中新田かかしまつり2016

 06, 2016

小田急線の厚木駅(海老名市)から歩くこと、2-3分ほど。ここは、中新田かかしまつりの会場です。9月3日から、9月19日まで催される、かかし作品の展示イベント。どうやら毎年行われているようです。(海老名市公式サイト/中新田かかしまつり)http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1435575117364/index.html今回はじめて訪ねてみました。ひそかに尊敬の念を抱いてますからね、私は、海老名の水田に対して。水田のなかの...

厚木駅の青い骨組み

 05, 2016

小田急線の厚木駅の、青くぬられた鉄骨、その組み合わさりのデザインが、私は好きです。久しぶりに厚木駅で下車しました。あつぎ鮎まつりの花火を見に行ったとき以来、およそ10年ぶり。あの日は、花火見物のたくさんの人たちとともに電車をおり、駅前で待ち合わせをして、相模川のほうへと歩いていった。この日の厚木駅は、おそらく駅前の町並みも、私の10年前の記憶と、そんなに変わっていないように感じた。ひとつだけ違うのは、...