saunterer

Railtrip Landscape History

Category: 京都の旅

六波羅蜜寺のあたり

 09, 2016

新日吉神宮を訪ねたあと、この地図のあたりを歩いてみました。六波羅、といわれるエリアです。平清盛など、伊勢平氏一門の居館があり、その後、鎌倉幕府が六波羅探題を置いたところで、武士と関わりの深い場所。六波羅蜜寺を訪ねました。境内の拝観料は無料。宝物館の見学だけ、600円 (2016年4月時点) が必要です。宝物館では、六波羅蜜寺を開創した空也の像を、間近に見物することができます。空也上人立像、日本史の資料集で見...

蓮華王院、法住寺、新日吉社

 06, 2016

三十三間堂の境内にて、ひとつの石碑を見つけました。後白河上皇院政庁 法住寺殿址法住寺殿 (ほうじゅうじどの) は、後白河上皇 (後白河院) が院政を行った政庁です。後白河は、1158年に、皇子の守仁 (二条天皇) に譲位し、上皇となり、天皇の御所とは別のところに、専用の 「 院御所 (いんのごしょ)」 を造営した。法住寺殿と名付けられた院御所は、東山のふもとから、西は鴨川の川岸まで、南は八条坊門小路 (JRの線路あ...

三十三間堂、20年ぶりの空気

 03, 2016

正面橋を渡って、鴨川の東へ。三十三間堂を訪ねました。七条通から、三十三間堂の境内に入ると、私のまえに、一台の観光バスが停まり、揃いの制服を着た学生たちが、ひとり、またひとりと、バスから降りてきた。先頭にはバスガイドのお姉さん、後ろからは引率をする担任の先生。修学旅行の時期にはまだ早いから、遠足かな、って思った。修学旅行の時期というのが、いつなのか、いまいち分からないけど、私のなかでは、京都の修学旅...

長講堂、市比賣神社、六条河原

 29, 2016

五条駅から、六条通を歩き、長講堂、市比賣神社をまわった。中学生のころ、修学旅行で訪ねた、なつかしの京都タワーと東本願寺を横目に、六条通へ。後白河法皇が建立した持仏堂をルーツとする、長講堂。非公開なので、境内に沿って外周の道を歩いた。そして、すぐお隣の市比賣神社へ。ひとり旅男子も、ここをお参り。幸せになってほしい。そして、高瀬川を渡った。秀吉の命により、豪商が造った、物資輸送の水路です。1920年(大正...

烏丸三条まわり

 27, 2016

ここは、烏丸三条の交差点。オフィス街のど真ん中、烏丸三条の交差点の南東角に、京都のみちの基準である、京都市道路元標を見つけました。三条通り、烏丸通り、姉小路通り、室町、高倉、西洞院、誉れ高き、京都の有名な道のひとつひとつを歩くのは、楽しかったな。烏丸三条の交差点から、三条通を西へ入る。烏丸ビル、文椿ビルヂングが並ぶブロックは、かつての、院の御所 (白河院・鳥羽院)、三条西殿があった場所。その南の向...

法金剛院、待賢門院璋子

 24, 2016

JR山陰本線に乗って、花園駅に来ました。花園駅は、京都駅から北西に走る山陰本線の4つ目の駅で、太秦や嵐山よりも、ひとつ手前 (東側) に位置しています。特定都区市内 (新幹線きっぷの京都市内) に含まれているので、私は新幹線を下りたあと、そのまま在来線乗換改札を通って、山陰本線221系に乗りました。そして、駅前に輝く、眩しいピンクの花のお出迎えを受けたわけです。嬉しい演出です、まさに花園 (さすが!) って感...

東三条殿、高松殿

 22, 2016

堀川御池の交差点にきました。堀川御池の北西すぐのところには、二条城があるものの、京都のオフィス街ですね、このあたりは、完全に。私は、この堀川御池から、御池通に沿って東へ、烏丸御池まで、かつての、平安貴族たちの御殿・邸宅めぐりをしてみました。当然なのですが、御殿・邸宅は、現在はもうありません。なので正しく言うと、御殿・邸宅の 「 跡碑 」 めぐりです。跡碑めぐりは、観光や、まち歩きというより、かなり事務...

御室川、天神川、太秦のあたり

 20, 2016

京都の、ふつうの町を歩いてきました。狙ってそう歩いたわけじゃなく、結果的にそうなってしまった。たとえば、この記事の写真は、地下鉄に乗るために、花園駅から太秦天神川駅まで歩いたときのもの。いくつかの有名なところも訪ねたけれど、神奈川に帰ってきたいま、京都を訪ねたという気分が、あまりしない。でも、一度や二度くらいは、京都でふつうの町を歩いておかないと。達成度はそれなりで、充実感は無きにしもあらず (?...