saunterer

Railtrip Landscape History

Category: 小田原

富水から、栢山まで

 19, 2016

9月の上旬、小田急線の富水駅から栢山駅まで歩きました。酒匂川の流れが作った、足柄平野の田んぼです。車窓に広がる水田の風景、神奈川県を走る鉄道に、あといくつ残っているんだろう。...

一夜城みかんアイス

 15, 2016

石垣山農道を上がって、石垣山一夜城歴史公園を散策。20万人にもおよぶという豊臣方の大軍勢、その大将の指揮所だったというには、あまりに小じんまりしている。石垣山は、小田原城からよく見えるところにあるので、後北条に向けて、なにかパフォーマンスをするには絶好の舞台って気がする。秀吉はおよそ100日余りを石垣山に布陣したそうです。でも、きっとほとんどの時間は、箱根温泉で過ごしていたんじゃないかな。歴史公園のと...

石垣山農道を上って、石垣山城址へ

 12, 2016

ここは、神奈川県 小田原市にある、JR東海道線の早川駅。小田原駅のひとつ隣の駅で、快速アクティーも停車します。アクティーなら、東京駅から約80分、横浜駅から約50分の距離にあります。この早川駅から、私は、石垣山の登山をしました。豊臣秀吉が、小田原の後北条氏を攻めるために築いた、石垣山城で有名な、あの石垣山です。標高261.1メートル、小さな山なのですよ、案外ね。yahoo mapを見てのとおり、早川駅のすぐ西側に、石...

早川駅から、小田原漁港、早川河口

 10, 2016

小田急線に乗って、小田原へ。東海道線に乗り換えて、ひとつ隣の、早川駅で下車。初めて早川駅で降りました、駅舎は真鶴駅に似てますね。小田原から熱海にかけてのエリアがもつ、独特の旅情感によくマッチしている。駅から東へ歩き、小田原漁港へ向かいました。すぐ近くにあります、1分もかからないところ。魚のぴちぴちした香りと、日を浴びた海水のにおい。漁港のにおいがぷんぷんしてきます。漁港の上を跨いでいる、4本のタワー...

小田原、城山から海辺まで

 22, 2016

小田原城の遺構、小峯の東堀を抜けると、目の前に現れた、海と山。早川の河口の風景、小田原の魚市場がある辺りです。遠くに真鶴半島が、水平線には伊豆大島も見えました。そして正面には、果樹園が広がる、小さな丘。秀吉が、一夜で築いたように見せかけたという、石垣山城があったのは、どうやら、あの丘の頂上のあたり。城山を下り、旧道を抜けて、小田原の海へ。小田原の海辺は、ジャリジャリっとしています。波が引いていくと...

小田原城のいくつかのお堀

 20, 2016

それはそれは、暑い一日。相模大野の下りホームにて、快速急行・小田原ゆきを待つ。あらゆる町の再開発は、まず、道路建設から始まる。小田原への移動中、今後、高架道路ができるであろう、怪しげな橋脚の並びをいくつか見つけた。いつか、小田急線の車窓から、大山の姿が消えてしまう日が来るのかもしれない。小田急に乗って西へ移動するときは、いつもそのことを不安に思う。そうしているうちに、小田原に到着します。小田原駅の...

曽我別所の梅の花

 19, 2016

曾我氏館跡を見学したあと、さらに曽我のまちを散策。曾我兄弟のお母さん・満江御前の屋敷跡と、墓を訪ねました。曾我氏についての寺社や史跡は、曽我のまちを南北に走る県道72号より東側、大磯丘陵の麓あたりの、西を向いた緩やかな斜面上に位置しています。斜面なので坂道を歩くことが多いですが、勾配がなだらかなので、坂の上り下りでクタクタに疲れるようなことはなく、むしろ気持ちよかったです。古くからの農家の姿を感じさ...

曾我兄弟と曾我氏の館跡

 15, 2016

Revenge of the 曾我兄弟復讐は、苦痛をともなう告白である- クローン・ウォーズ シーズン2 危険な追跡より -工藤祐家の子・伊東祐親は、工藤氏がもつ久須美荘の本領・伊東を継承するはずだった。しかし、父・祐家の早世と、祖父・工藤祐隆の意向により、本領の伊東は、叔父の工藤祐継の持つところとなり、祐親は、伊豆の中心から遠く離れた、河津を領する立場に、甘んじざるをえなかった。前回の続きです。曾我兄弟の菩提寺の城...

曾我兄弟と曽我の城前寺

 11, 2016

Revenge of the 曾我兄弟復讐は、破滅への近道である- クローン・ウォーズ シーズン3 ダソミアの魔女より -神奈川県 小田原市 曽我谷津にある、城前寺をお参りにきました。JR御殿場線・下曽我駅の北東、すぐ近くにあります。地図を開く城前寺 (浄土宗 稲荷山 祐信院) は、曾我兄弟の菩提寺で、兄弟が育った曽我城の大手前にあるので、この寺名がついた。1193年、曾我兄弟は父の仇として、富士の裾野で、工藤祐経を討った。その...

曽我梅林、下曽我駅、宗我神社

 07, 2016

前回の記事の、長善寺をお参りしたあと、大友から、曽我へと歩き、かねてから念願だった、曽我梅林を訪ねることができました。2枚目の写真は、曽我梅林の3つのエリアのうち、御殿場線・下曽我駅の北側に広がる、中河原梅林です。中河原梅林は、別所梅林のような梅まつりの賑やかさはないですが、静かにゆっくりと過ごすことができる場所でした。そして曽我の地は、梅林のほか、仇討ちで知られる曾我兄弟ゆかりの場所でもあり、観梅...