Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

Category: 神奈川の旅

憧憬、憂鬱

 08, 2017

横浜の関内、ジャックの塔こと開港記念会館から、国道133号を挟んだところにある、このレンガ遺跡。明治時代に建築された日本人商社の、開通合名会社の社屋の一部なんだそうです。初期の社屋は、関東大震災(1923年)で大部分が倒壊したが、一部分は、そのあとに復興された建築の内部にあって、奇跡的に現在に残されてきた。私のなかにある、近代への憧憬。機械文明が花開き、人の可能性が広がった。私のなかにある、近代への憂鬱...

ヨコハマトリエンナーレ2017にて

 06, 2017

2枚 アイ・ウェイウェイ 難民の救命ボートと救命胴衣イアン・チェン 使者は完全なる領域で分岐する2枚 柳幸典 蟻と日の丸宇治野宗輝 プライウッド新地ドン・ユアン 祖母の家をモチーフとした絵画青山悟 刺繍と絵画ヨコハマトリエンナーレに行ってきました。横浜美術館・横浜市開港記念会館・赤レンガ倉庫、3つの会場で、現代の社会問題を取り上げたもの、未来の世界を創造させるもの、など、さまざまな作品を見ることがで...

三崎のレモネードソーダ

 16, 2017

YRP野比駅から、京急長沢駅まで歩いたあと、さらに、津久井浜駅から、三浦海岸駅まで。津久井浜までが横須賀市で、三浦海岸は三浦市になります。同じような住宅地のなかにも、少しずつ畑地が増えてくる。横須賀は、三浦半島の低い丘を住宅地として使う。三浦半島の低い丘を、三浦は農業地として使う。そして、三崎口から京浜急行バスに乗り、夕暮れの三崎へ。観光客と地元の人が混ざり合う、薄暗がりのバスのなか、「み」にアクセ...

野比から、長沢

 14, 2017

...

番田から、原当麻まで

 04, 2017

神奈川県 相模原市にある、JR相模線の番田駅に来ました。番田駅の木造駅舎は、1941年に竣工されたものだそうです。当時は相模鉄道の駅で、駅名は「上溝」だったらしい。「番田駅 (神奈川県)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年8月27日 (日) 11:46URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/番田駅 (神奈川県)古い駅舎ですが、全体的に別の素材でコーティングされているので、一見するとそんなに古いようには見えず。木...

入谷駅のまわり

 30, 2017

ここは、相模線の入谷駅です。相模原市かな、海老名市かな、と思って調べたら、座間市でした。相模線で唯一の座間市内の駅。単線で、本数が少なく、ドアはボタンを押して開ける。神奈川県内では珍しい、素朴なスタイルの相模線。その相模線にあって、ひときわ素朴な入谷駅のまわり。頭を垂らし始めたばかりの水田、その背景には、私が大好きな大山と丹沢の山々。駅前にあるべきあらゆる店舗・施設の姿がここでは見られない。現代的...

himawari fields, rice fields, ZAMA 2017

 17, 2017

この日、このとき、座間は晴れてくれました。太陽の光がなつかしい、夏の暑さが恋しい。ここに咲くひまわりは、今年のこの夏だけのもので、夏が終わったら、とてつもなく大きな機械でバリバリいくんだとか。来年の夏は、来年の種が蒔かれる。それまでの季節は、また別の植物を育てるんだそうです。農家の方に、ぜひ冬にも写真を撮りにきてね、と言ってもらえた。よし、冬にもここに来てみようじゃないか。...

座間神社、左岸用水、相模線

 15, 2017

小田急線の相武台前駅から、兵士たちが門を守る、キャンプ座間のあいだの道を、東へ抜けて、相模川の河岸段丘の一角にある、座間神社をお参りしました。およそ1400年前、湧水により悪疫をおさめたという、飯岡権現をお祀りする。(説明板より)いまも座間市の水道の、85%は地下水でまかなわれているらしい。(座間市観光協会のパンフレットより)古代人の生活跡を、そこかしこに見ることができる座間丘陵、その崖線の端に立てば、...

藤沢本町から、腰越まで

 09, 2017

...

二子のほとり

 29, 2017

our side of Tama River土ほこりと草の匂い、野球の音と花火の響き、青鷺と川鵜、ツバメとヒバリ、朝焼けの飛行機、夕暮れの電車。子供のころ、鮎の稚魚を放流し、河川敷のクリーン作戦をした私は、川とのちょうど良い距離感をもっている。200発の花火、すごく良かったです。...