TAKE YOU FOR A WALK

When The Setting Sun

Category: 神奈川の旅

安針塚駅から、吉倉町

 21, 2018

京浜急行の安針塚駅から、となりの逸見駅まで。この辺りは、三浦半島らしい谷戸の地形の連続で、丘を越えては、谷へと下る、シーシュポスな散歩になります。そして、思わぬところで、ヤギとの出会いもあったりするとか、しないとか。...

根岸駅から磯子駅まで

 18, 2018

JR根岸線の、根岸駅から磯子駅まで。浜マーケットのお肉屋さんで買ったホタテクリームコロッケを食べ歩きしました。自然と食べ歩きができちゃう町って良いな。それにしても、あまりに暑くて暑くて、磯子のプールに向かう子供たちが羨ましかった。近所にプールがあるって良いな。にほんブログ村...

根岸駅と、緑のタキ

 17, 2018

JR根岸線の根岸駅には、貨物列車の留置場があり、ホームから、緑のタキの群れを眺めることができます。緑のタキは、この日本最大の製油所から、石油製品を街へと運ぶ。そしてここは、匂いがする。オイルの匂い、町工場の匂い、都市の活動を支える本物の匂いだ。にほんブログ村...

菊名池のあたり

 16, 2018

東横線、妙蓮寺駅から菊名駅まで、線路沿いの旧綱島街道を歩きました。ブルーと黄色のザルの中には、バラストがたんまりです。にほんブログ村...

さびしき畑

 12, 2018

散歩をしていて感じる、あのさびしき郷愁、それは例えば母性なのかもしれない。散歩をしながら、幼き日に断たれた母の愛を、風景のどこかに探している。あるいは私は、家族にとって唯一の母だったのかもしれない。畑はむしろ父性であり、私のそれは祖父である。今月の「100分 de 名著」は私に手きびしい。相模線 相武台下駅から下溝駅まで...

白楽の踏切

 08, 2018

私は鉄道が好きなのですが、とりわけ踏切が好きなんです。あの、カンカンカンという響き、それは、「さあさあ、みなさん、電車がやって来ますよー」という、電車の到来を告げる、喜びのサイレンなのです、ええ。そうそれは、授業を終わらせる学校のチャイムを聞いた時の、あの感覚...、あるいは、晩ご飯を知らせる母親の優しい声に覚える、あの...。ちなみに踏切が鳴ったときの私の心理描写は、ドキッ、ソワソワ、ソワソワ、いそい...

入谷駅で、ホッと

 06, 2018

海老名駅のひとつ隣、相模線の入谷駅。電車の車内から外を見ると、まるで水田地帯に突入したような、ずいぶん田舎なんだな、とか思ってしまうんだけど、電車を降りて、よくよくあたりを見まわすと、水田区画の外側は、家がぎっしり建っていることに気づく。入谷駅の周囲一帯は、座間市により、農業振興地域に指定されてるそうです。もしここが、どこにでもある住宅地だったなら、入谷駅に惹かれることはなかっただろう。しかし、そ...

生麦のネコちゃん

 28, 2018

...

鶴見から、国道

 26, 2018

...

長尾の山、妙楽寺のアジサイ

 15, 2018

川崎市多摩区長尾にある妙楽寺。源頼朝の弟・阿野全成との縁をもち、川崎にありながら、鎌倉の匂いがするお寺。境内は、多摩の丘陵のうえにあるため、緩やかながら息のつき場がない坂道をひたすら登ることになる。若き日の、母校の通学路もこんな道だったと首筋の汗と蒸れた背中に思い出す。ふと振り返ると、それを見つけた、広がるのはいつも、多摩川の流床だと。...