saunterer

Railtrip Landscape History

Category: 神奈川の旅

himawari fields, rice fields, ZAMA 2017

 17, 2017

この日、このとき、座間は晴れてくれました。太陽の光がなつかしい、夏の暑さが恋しい。ここに咲くひまわりは、今年のこの夏だけのもので、夏が終わったら、とてつもなく大きな機械でバリバリいくんだとか。来年の夏は、来年の種が蒔かれる。それまでの季節は、また別の植物を育てるんだそうです。...

座間神社、左岸用水、相模線

 15, 2017

小田急線の相武台前駅から、兵士たちが門を守る、キャンプ座間のあいだの道を、東へ抜けて、相模川の河岸段丘の一角にある、座間神社をお参りしました。およそ1400年前、湧水により悪疫をおさめたという、飯岡権現をお祀りする。(説明板より)いまも座間市の水道の、85%は地下水でまかなわれているらしい。(座間市観光協会のパンフレットより)古代人の生活跡を、そこかしこに見ることができる座間丘陵、その崖線の端に立てば、...

藤沢本町から、腰越まで

 09, 2017

...

二子のほとり

 29, 2017

our side of Tama River土ほこりと草の匂い、野球の音と花火の響き、青鷺と川鵜、ツバメとヒバリ、朝焼けの飛行機、夕暮れの電車。子供のころ、鮎の稚魚を放流し、河川敷のクリーン作戦をした私は、川とのちょうど良い距離感をもっている。200発の花火、すごく良かったです。...

川崎大師、風鈴市、東門前

 24, 2017

川崎大師の風鈴市へ。川崎大師の駅から、平間寺をお参りし、そのまま東門前駅へと抜けるのが、私の十八番の散歩パターンです。「東門前」と書いて、「ひがしもんぜん」と読む。京浜急行は、やたらと濁点を使いたがる、だみ声のオジサンみたいな駅名が多い、それがシブカッコイイ。京浜急行のまわりには、お寺が多い。私の母の実家の墓地も、品川の、京浜急行の線路沿いにあり、彼岸とお盆には、京浜急行に乗って墓参りに行く。正月...

変わらぬ文庫、変わる八景

 10, 2017

金沢文庫駅から、いつもの道を歩いて、いつもの称名寺庭園へ。生きるものすべてが蒸し上がりそうなこの日、池の亀だけが、我が庭をのどかに泳ぎまわっていた。その後、シーサイドラインの延伸と駅舎の工事が進む、八景の駅前へ。いつの間にか、八景駅前のシンボルこと、木村家住宅主屋(旧円通寺客殿)が姿を消していた。八景駅の西口、新たな公園の整備をするため、住宅は、解体・修復されているようです。特別気に掛けていたわけ...

開成町あじさいまつり2017

 19, 2017

神奈川県の西部にある、開成町で開催されていた、開成町あじさいまつりに行ってきました。酒匂川の右岸にある開成町、豊富な水を蓄えた田んぼが、町のあちこちに。なかでもとくに広いこの水田が、あじさいまつりの会場。青々とした稲の苗が列をなす、その風景に、畦道のあじさいが色を添える。開成町はお米が特産品なのだと、地元の人に教えてもらった。その生産の場で、稲と水と、アジサイを見ながら、2時間、3時間と過ごす。その...

The ship goes slowly

 18, 2017

...

The wind blows in the valley of Poppy

 12, 2017

横須賀市の久里浜にある、くりはま花の国。ポピーのシーズン終盤の、 6月初旬に訪ねました。谷あいにあるポピーの畑。太陽が西の山に隠れる寸前の、陽の光が消えるか消えないか、そのわずかばかりの時間がとくに美しい。★このとき食べたパンぱんとたいむ キーマカレーパン...

勝坂遺跡公園の有鹿神社奥宮

 22, 2017

相模原市 南区 磯部にある、勝坂遺跡公園(かっさか)を訪ねました。丘の上には、縄文時代のものだという、大きな集落の跡が発見されている公園です。私はこの日、丘の下のほう、湿原の小道を歩きました。有鹿谷と呼ばれるこの谷は、いたるところに湧水があります。それらの水はやがて、ちかくを流れる鳩川へと注がれていきます。鳩川は、相模川と平行しながら南へと流れ、左岸用水という用水路と交差したりしたあと、海老名で相模...