saunterer

Railtrip Landscape History

Tag: 鉄道

座間神社、左岸用水、相模線

 15, 2017

小田急線の相武台前駅から、兵士たちが門を守る、キャンプ座間のあいだの道を、東へ抜けて、相模川の河岸段丘の一角にある、座間神社をお参りしました。およそ1400年前、湧水により悪疫をおさめたという、飯岡権現をお祀りする。(説明板より)いまも座間市の水道の、85%は地下水でまかなわれているらしい。(座間市観光協会のパンフレットより)古代人の生活跡を、そこかしこに見ることができる座間丘陵、その崖線の端に立てば、...

南伊豆フリー乗車券、SVO、東海バス

 17, 2017

小田急ロマンスカー、東海道線、伊東線と乗り継ぎ、東伊豆のターミナル、伊東駅まで。伊東からは、特急スーパービュー踊り子に乗りました。そして、伊豆半島の南端の町、下田へ。伊東から特急に乗るパターンは、ひとり旅で気軽に鉄道を楽しみたい人には、かなりオススメです。伊豆急行の路線内だけの乗車なら、特急券の値段設定が安い(通常期のスーパービューで510円)し、東京・横浜からの乗客は、多くが伊東で下車していくので...

特急りょうもうに乗って、足利へ

 30, 2017

東武鉄道の特急列車「りょうもう」に乗って、栃木県の足利に行ってきました。初めてのりょうもう、初めての東武の特急列車でした。休日だったけど、出発の直前でも余裕で特急券を買うことができ、乗った車両の着席率は、50 - 60パーセントくらい。混みすぎでもなく、空きすぎでもない、ゆったりと旅情感を味わうのに、うってつけの車内の雰囲気。週末の午前中、下りの「りょうもう」は、観光客よりも、東京から地元へ短く帰省する...

西武レッドアローで、秩父の羊山公園の芝桜を

 06, 2017

西武鉄道の特急、レッドアロー・ちちぶ号に乗って、秩父にある、羊山公園の芝桜を見に行ってきました。あんまり西武線に乗る機会がない神奈川県民の私は、これが初めてのレッドアローでした。特急券の買い方とか、当日の乗車方法とか何も知らなかったけど、小田急ロマンスカーとほぼ同じだったので、スムーズにこなせました。この日、私は、東急線の駅で販売されている、「東急西武線まるごときっぷ」を利用。このきっぷで、西武鉄...

相模国分信号所のあたり

 17, 2017

...

尼寺交差点と、小田急・相鉄の交差点

 07, 2017

小田急と相鉄、2社のロゴマークが並ぶ唯一の駅、最近よく来ている、海老名です。今年になってから、神奈川県主催の大山街道スタンプラリーに挑戦してまして、街道の各地の、チェックポイントにあるスタンプを押してまわってます。その際の移動のタイミングで、海老名に寄ることがわりと多い。あと、寒川神社に行ったときも寄ったし。(神奈川県公式サイト・大山街道ウォーキングスタンプラリー)http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f...

かしわ台から、海老名まで

 01, 2017

海老名市にある、相鉄線・かしわ台駅から、となりの海老名駅まで、ひと駅を散歩しました。かしわ台駅がある場所は、いまは海老名市 柏ケ谷、もとは高座郡 柏ケ谷村。相鉄線(の前身のひとつである相模鉄道)は、今年の12月で100周年を迎えますが、かしわ台駅の開業は、1975年のことだそうです。周辺には、長ヲサ遺跡の名がつく公園がたくさんあります。先土器時代(2万2000年前 - 1万年前)から縄文時代の遺跡らしい。かしわ台車両...

二宮の知足寺

 21, 2017

東海道線の平塚駅ホームで電車まちをしていたら、突然、見たことのない車両に遭遇しました。今年の春にデビュー予定の、JR東日本のクルーズトレイン、「 TRAIN SUITE 四季島 」 。黒いマスクに、白いボディ、この列車の存在を知らなかった私には、衝撃的な出会いでした。(なにこれ、なにこれ、なにこれ)これからの鉄道の旅は、クルーズトレインの時代になるのかな。乗りたいけれど、いまの私にはあまり縁が無いかも。(たまに会...

寒川の一之宮緑道、相模線の廃線跡を歩く

 06, 2017

寒川神社をお参りした日。神社の参道を通ったあと、さらに南へ、一之宮緑道という遊歩道を歩きました。寒川町の小中学校の校章がデザインされた道。そのさきには線路が敷かれ、レール上には一組の車輪。ここは、一之宮公園。寒川神社の参道とJR相模線とが交差する、大門踏切から300メートルほどのところにあります。一之宮緑道には、1923年から1984年まで、相模線の支線である西寒川支線が走っていたそうです。西寒川支線は、寒川...

小田急EXE、伊豆急黒船、スーパービュー

 25, 2016

朝の小田急線、ロマンスカーEXEに乗って、小田原へ。シックなボディの、ビジネスタイプなロマンスカーも、朝の時間の下りの列車は、多くの旅人や登山者たちを運んでいく。大きなちょうちんの下をとおり、JRの改札を抜ける。コンコースからは、小田原城の天守閣が見えます。このさきは、私にとって、日常ではない世界。駅から見る小田原城の天守閣は、そう感じさせてくれる。小田原からは、東海道線に乗り、早川、根府川、真鶴、湯...