TAKE YOU FOR A WALK

When The Setting Sun

Tag: 芥川龍之介

青山斎場、或S病院の跡地

 04, 2018

港区にある青山斎場では、1916年に夏目漱石の葬儀が行われ、その受付を漱石門下にあった芥川龍之介が務めた。芥川龍之介の小説『歯車』のなかで、「僕」は、青山の墓地に近い或精神病院へ行こうと、緑のタクシイをおりて歩くのだが、どうしてか道を間違えて、青山斎場に出てしまう、という描写がある。「僕」が行こうとした或精神病院とは、かつて青山に所在した脳病院で、その患者であった芥川龍之介は、院長の斎藤茂吉のもとで受...

芥川龍之介の田端の旧居跡

 26, 2018

田端にある芥川龍之介の旧居跡。大正時代に文豪、詩人たちを集めた文士の村は、戦争による被害で大きく失われてしまったらしい。それでも古い面影が残っているかとおもったが、縦横無尽の大きな街路に、いかにも今風の新たな住宅、道を行くのは今風の夫婦で、ときどきは昔風のおじさんも。私の地元とさほど変わりがない風景。芥川龍之介の故地を訪ねようと思ったのは、萩原朔太郎が龍之介と交際していたのを知ったから。二人に親交...

田端文士の村

 23, 2018

JR山手線の、田端駅から南へ500メートル程、谷田橋の交差点を西へ入ったところにある、小さなお社。この田端水神稲荷神社のちかくで、詩人の萩原朔太郎が、1925年(大正14年)の4月から11月までの、約8か月を過ごしたらしい。朔太郎は、38歳のときに前橋から上京、まず大井町に住み、それから田端に転入し、妻の療養のため鎌倉へと移った。大正当時の田端は新興住宅地だったそうで、芥川龍之介を中心とした文士の村が形成されて...