saunterer

Railtrip Landscape History

Tag: 神奈川の神社

座間神社、左岸用水、相模線

 15, 2017

小田急線の相武台前駅から、兵士たちが門を守る、キャンプ座間のあいだの道を、東へ抜けて、相模川の河岸段丘の一角にある、座間神社をお参りしました。およそ1400年前、湧水により悪疫をおさめたという、飯岡権現をお祀りする。(説明板より)いまも座間市の水道の、85%は地下水でまかなわれているらしい。(座間市観光協会のパンフレットより)古代人の生活跡を、そこかしこに見ることができる座間丘陵、その崖線の端に立てば、...

勝坂遺跡公園の有鹿神社奥宮

 22, 2017

相模原市 南区 磯部にある、勝坂遺跡公園(かっさか)を訪ねました。丘の上には、縄文時代のものだという、大きな集落の跡が発見されている公園です。私はこの日、丘の下のほう、湿原の小道を歩きました。有鹿谷と呼ばれるこの谷は、いたるところに湧水があります。それらの水はやがて、ちかくを流れる鳩川へと注がれていきます。鳩川は、相模川と平行しながら南へと流れ、左岸用水という用水路と交差したりしたあと、海老名で相模...

佐奈田霊社、石橋山古戦場

 08, 2017

東海道線の、早川と根府川のあいだ。石橋と米神にまたがって位置する、ここは石橋山のエリアです。山の一角にある、佐奈田霊社をお参り。平安末期の武士、佐奈田義忠を祀る神社です。佐奈田義忠は、治承4年(1180年)8月23日におきた、石橋山の戦いに、源頼朝の軍の先鋒として参加していました。そして、敵の武将、俣野景久・長尾定景と戦闘になり、家臣の文三家安とともに、この地で討死にした。(享年25)吾妻鏡には、1190年に頼...

早川の紀伊神社

 02, 2017

小田原市 早川の、紀伊神社をお参り。平安時代、貞観年間(859 - 876)の創建で、もとは木宮大権現と呼ばれ、木工職人により崇拝されてきたんだそう。(説明板より)群青ブルーの、相模の深い海を前にして、濃緑の箱根の山々を背にもつ、漁港のまち・早川の氏神さま。参道には、東海道線の線路が通っています。東海道線の、早川 - 根府川 - 真鶴 - 湯河原。神奈川の西南の果て、海と太陽の恵みにあふれる、青南のエリア。湘南でも...

弥生神社、龍峰寺、および、清水寺公園

 13, 2017

海老名駅の北東にある、弥生神社と龍峰寺をお参りしました。上の地図のマーク、弥生神社の鳥居のまえのあたり。小田急線の踏切の南側には、1927年から1943年まで、海老名国分駅という駅があったそうです。1943年に海老名駅が開業したため、海老名国分駅は廃止されました。その時まで小田急線は、海老名国分から厚木まで、駅がなかったことになります。当時は、海老名の現在の中心部よりも、この弥生神社のあたりや、厚木駅(河原口...

相模国二宮・川勾神社

 23, 2017

二宮駅から、東海道こと、国道一号線を西へ。川勾神社(かわわ)のお参りに向かいました。その途中、大磯ほどの規模はないけど、ちょこっとだけ松並木がありましたよ。そして、吾妻山入口交差点で、74キロポストを見つけました。二宮駅の周辺は、日本橋から、73 - 74キロの距離なんですね。川勾神社は、二宮駅の西の方角、直線距離で1.8キロ、東海道を歩いていくと、およそ2.5キロの道のりです。神奈中バスで行くこともできます。...

長津田の大石神社、王子神社

 16, 2017

長津田駅からすぐ近くのところ、大山街道の旧道沿いにある、大石神社をお参りしました。大石神社(長津田村大石大権現祀)は、平安初期の歌人、在原業平(825 - 880)をお祀りしているそうです。一説には、御神体である神石が、在原業平についての伝説をもっているんだとか。江戸時代には、地元の領主で旗本の岡野家により、社殿の造営・修復がされているようです。(境内の説明板より)大石神社は、長津田宿の西端の、坂を上がっ...

田奈の神鳥前川神社

 09, 2017

ステンレスのボディに、赤いライン。私の大好きな東急8500系に乗って、田奈駅にきました。田奈駅は、横浜市青葉区にある、東急・田園都市線の駅で、長津田駅のひとつ隣(渋谷寄り)に位置しています。田園都市線は、渋谷から南へ進み、多摩川を渡って、多摩丘陵の真ん中に築かれた、広大なベッドタウンを走る路線。丘陵地を走っているので、切通しや掘割、トンネルが多いのですが、起伏の多い地形をうまく利用した結果、なんと、踏...

寒川神社をお参り

 30, 2016

ここは海老名の、小田急・相鉄の駅と、JRの駅とをむすぶ連絡橋。ららぽーと海老名の開業のタイミングにあわせて新装されました。橋上から西の方角を見ると、大山と丹沢山系の雄大な姿を眺めることができます。私はこの風景が大好きなのです。いつ見ても感動しちゃいます、カッコイイです。あとどのくらい、ここからこの風景を見ることができるんだろう。駅前の土地が近々開発されるであろうことは明らかですね。日中は、1時間に3本...

仲木戸から、新町まで

 27, 2016

京浜急行のひと駅を散歩。仲木戸駅から、神奈川新町駅まで。横浜から走ってくる赤い電車、仲木戸駅は高架のため、盛り土の線路をぐんぐん上がっていきます。かつては、この仲木戸駅の高架下を、横浜線の貨物が交差していたようです。横浜鉄道(横浜線)の貨物を建設するため、1910年に、京浜電気鉄道(京浜急行)の線路を高架にした。東神奈川と海神奈川を結んでいたその貨物線は、1959年に廃止。仲木戸駅と新町駅のあいだにある、...