FOR A WALK

in the landscape

Tag: 相模線

勝坂の縄文遺跡公園

 12, 2018

JR相模線の下溝駅(Shimomizo station)は、河岸段丘の淵にあり、駅を降りると、相模川の流れが見えます。私は、下溝駅から、農家の並ぶ古道を南へ歩き、縄文遺跡のある勝坂遺跡公園(Katsusaka)をめざしました。丘の上の道を歩けば、西の方角には、大山(Mount Ōyama)が見える。相模川の東岸の河岸段丘は、いくつかの段丘面に分かれていて、勝坂遺跡公園があるのは、そのうち中段にあたるようです。駅から20分ほど歩いたところ...

さびしき畑

 12, 2018

相模線 相武台下駅から下溝駅まで...

入谷駅で、ホッと

 06, 2018

海老名駅のひとつ隣、相模線の入谷駅。電車の車内から外を見ると、まるで水田地帯に突入したような、ずいぶん田舎なんだな、とか思ってしまうんだけど、電車を降りて、よくよくあたりを見まわすと、水田区画の外側は、家がぎっしり建っていることに気づく。入谷駅の周囲一帯は、座間市により、農業振興地域に指定されてるそうです。もしここが、どこにでもある住宅地だったなら、入谷駅に惹かれることはなかっただろう。しかし、そ...

風の強い相模川にて

 07, 2018

5月の相模川の恒例行事、相模の大凧。この日は風が強すぎて、大凧は空に上がらなかったけど、中凧や小凧はびゅんびゅんと風に乗っていました。そして私といえば、この時期はきまって日に焼けて、鼻のあたまを真っ赤にして過ごすのです。...

番田から、原当麻まで

 04, 2017

神奈川県 相模原市にある、JR相模線の番田駅に来ました。番田駅の木造駅舎は、1941年に竣工されたものだそうです。当時は相模鉄道の駅で、駅名は「上溝」だったらしい。「番田駅 (神奈川県)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年8月27日 (日) 11:46URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/番田駅 (神奈川県)古い駅舎ですが、全体的に別の素材でコーティングされているので、一見するとそんなに古いようには見えず。木...

入谷駅のまわり

 30, 2017

ここは、相模線の入谷駅です。相模原市かな、海老名市かな、と思って調べたら、座間市でした。相模線で唯一の座間市内の駅。単線で、本数が少なく、ドアはボタンを押して開ける。神奈川県内では珍しい、素朴なスタイルの相模線。その相模線にあって、ひときわ素朴な入谷駅のまわり。頭を垂らし始めたばかりの水田、その背景には、私が大好きな大山と丹沢の山々。駅前にあるべきあらゆる店舗・施設の姿がここでは見られない。現代的...

座間神社、左岸用水、相模線

 15, 2017

小田急線の相武台前駅から、兵士たちが門を守る、キャンプ座間のあいだの道を、東へ抜けて、相模川の河岸段丘の一角にある、座間神社をお参りしました。およそ1400年前、湧水により悪疫をおさめたという、飯岡権現をお祀りする。(説明板より)いまも座間市の水道の、85%は地下水でまかなわれているらしい。(座間市観光協会のパンフレットより)古代人の生活跡を、そこかしこに見ることができる座間丘陵、その崖線の端に立てば、...

勝坂遺跡公園の有鹿神社奥宮

 22, 2017

このページは、勝坂の有鹿神社についてです。縄文時代の遺跡公園の様子は、(Jomon Ruins Park↓)http://plumriver.blog.fc2.com/blog-entry-294.html相模原市 南区 磯部にある、勝坂遺跡公園(かっさか Kassaka)を訪ねました。丘の上には、縄文時代のものだという、大きな集落の跡が発見されている公園です。私はこの日、丘の下のほう、湿原の小道を歩きました。有鹿谷(Aruka valley)と呼ばれるこの谷は、いたるところに湧水が...

大凧のある風景

 16, 2017

...

相模の大凧

 12, 2017

JR相模線に乗って、相模の大凧を見てきました。相模の大凧は、毎年、ゴールデンウィークの後半の、5月4日と、5月5日に、相模川の河川敷で開催されている、大きな凧揚げのイベントです。(相模原市観光協会・相模の大凧)http://www.e-sagamihara.com/event/may/0237/その凧揚げ会場は、JR相模線の下溝駅から、おとなりの相武台下駅までのあいだ。相模川の東岸の、およそ3キロほどのエリアの内の、4ヶ所で凧揚げが行われています。...