Ce n'est rien.

Railtrip Landscape History

Tag: 後白河

蓮華王院、法住寺、新日吉社

 06, 2016

三十三間堂の境内にて、ひとつの石碑を見つけました。後白河上皇院政庁 法住寺殿址法住寺殿 (ほうじゅうじどの) は、後白河上皇 (後白河院) が院政を行った政庁です。後白河は、1158年に、皇子の守仁 (二条天皇) に譲位し、上皇となり、天皇の御所とは別のところに、専用の 「 院御所 (いんのごしょ)」 を造営した。法住寺殿と名付けられた院御所は、東山のふもとから、西は鴨川の川岸まで、南は八条坊門小路 (JRの線路あ...

長講堂、市比賣神社、六条河原

 29, 2016

五条駅から、六条通を歩き、長講堂、市比賣神社をまわった。中学生のころ、修学旅行で訪ねた、なつかしの京都タワーと東本願寺を横目に、六条通へ。後白河法皇が建立した持仏堂をルーツとする、長講堂。非公開なので、境内に沿って外周の道を歩いた。そして、すぐお隣の市比賣神社へ。ひとり旅男子も、ここをお参り。幸せになってほしい。そして、高瀬川を渡った。秀吉の命により、豪商が造った、物資輸送の水路です。1920年(大正...

東三条殿、高松殿

 22, 2016

堀川御池の交差点にきました。堀川御池の北西すぐのところには、二条城があるものの、京都のオフィス街ですね、このあたりは、完全に。私は、この堀川御池から、御池通に沿って東へ、烏丸御池まで、かつての、平安貴族たちの御殿・邸宅めぐりをしてみました。当然なのですが、御殿・邸宅は、現在はもうありません。なので正しく言うと、御殿・邸宅の 「 跡碑 」 めぐりです。跡碑めぐりは、観光や、まち歩きというより、かなり事務...