FOR A WALK

in the landscape

Tag: 古代ロマン

難波宮跡公園

 08, 2018

大阪城公園のすぐ南にある、難波宮跡。飛鳥時代と、奈良時代に、一時的に都となったそうです。古代の都になって、石山本願寺になって、秀吉の本城となって、慶喜が去って。いろいろあった場所なんですね。...

水城と、ヒガンバナ

 20, 2017

664年、大宰府を守るために建設された、水城。当時の先端的な土木技術が結集された、巨大な土塁です。全長1.2キロメートルある水城のうち、私は西鉄・下大利駅ちかくの、東門跡の周辺を歩きました。このとき、土手には、赤と白のヒガンバナが咲いていた。コスモスは、10月から11月にかけて咲くようにしているらしい。ほんの少しの時間だけ、ここを歩いて帰った私は、いつもここを歩き、季節と時間の移り変わりを知る人たちに出会っ...

ならまち、元興寺、庚申堂

 04, 2017

奈良の旧市街、ならまちを歩きました。伝統的な町家がならぶシックな景観に、多彩なジャンルの商店、東大寺や奈良公園といった有名観光地に近いこともあり、ならまちの町歩きが人気になりつつあるようですね。女性雑誌とかで取り上げられているのをよく見かけます。ならまちは、もともと、元興寺(がんごうじ)の境内だったそうです。元興寺は、588年に蘇我馬子によって飛鳥に建てられたお寺で、都が奈良に遷されたときに、一緒に...

さあ、平城宮跡へ行こう!

 24, 2017

梅雨の合間の炎天のもと、草の原のむこうを、近鉄の列車が、右へ左へ、さかんに通りすぎていく。奈良ゆき、京都ゆき、難波ゆき。子供のころ、鉄道図鑑で見たビスタカー、その本物が走ってる。私がいるこの場所は、奈良の大和西大寺駅から、東へ500メートルほど歩いたところ。地図上のマークを中心に、東西・南北およそ1キロ四方の、原っぱになっている土地があります。ここは、平城宮跡です。奈良の都そのもの(条坊)のことを、平...

勝坂遺跡公園の有鹿神社奥宮

 22, 2017

このページは、勝坂の有鹿神社についてです。縄文時代の遺跡公園の様子は、(Jomon Ruins Park↓)http://plumriver.blog.fc2.com/blog-entry-294.html相模原市 南区 磯部にある、勝坂遺跡公園(かっさか Kassaka)を訪ねました。丘の上には、縄文時代のものだという、大きな集落の跡が発見されている公園です。私はこの日、丘の下のほう、湿原の小道を歩きました。有鹿谷(Aruka valley)と呼ばれるこの谷は、いたるところに湧水が...